読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

交通事故慰謝料ノート

交通事故の慰謝料や示談について被害者にとって有益な情報を配信します。是非、慰謝料や示談金の増額にお役立てください。

交通事故被害者の正しい病院のかかり方

病院

f:id:kotsujiko:20170120174136j:plain

少し前までは医師は、「お医者様」という考え方が当たり前でした。もちろん、今でもそのことに変わりはありませんが、交通事故の治療についてだけいえば、「治療や検査はすべて医師まかせ」にすると、ときにとんでもない結果になることがありますので、今回はそのことについて書きたいと思います。

メインの通院先は整形外科にしよう!

f:id:kotsujiko:20170120183452j:plain


風邪を治したいと思ったとき、私たちは内科に行きます。交通事故の場合、これが整形外科ペインクリニックがベストの選択肢(あとあと不便がない)です。交通事故被害者の多くが「むち打ち(頚椎捻挫)」になるわけですが、原因は主に「神経」の問題です。

誰が見ても分かるような「後遺障害」として認定される後遺症であれば問題ありませんが、そうでない場合(他覚所見なし/異常なし)、後遺障害の申請をしたときにその「神経」の異常について、医学的証明または医学的説明をする必要があります。


そうなったときに、整形外科やペインクリニックの医師でないと、証明や説明をなかなかうまくやってもらえないのです。。。

整形外科やペインクリニックは神経の専門です。後遺障害を申請するまでの間、そういう専門性が治療・検査内容に厚みをもたせ、あとあと、医学的証明や医学的説明につながっていきます。後遺障害診断書を書いてもらうとき然りです。

また、交通事故被害者の中には、整形外科やペインクリニック以外の病院にかかり、後遺障害申請の段になって「今の病院では無理だ!正しい後遺障害申請書を書いてもらうために転院しよう」などと考える人もいますが、そんなことでは妥当な示談金は絶対に払ってもらえません。交通事故被害者は初めから整形外科かペインクリニックをメインの通院先としましょう。

整形外科とペインクリニックの違い

f:id:kotsujiko:20170120183752j:plain


整形外科とペインクリニックは似ています。患者さんが重なることも少なくありません。では、「同じなの?」というと、そうではありません。

整形外科は筋肉、骨、関節、神経などが外傷、病気などでおかされた機能回復を目的とした医療で、ペインクリニックは、それらのさまざまな痛みを軽くして、患者さんを苦痛から解放することを第一の目的とした医療です。

どちらも、痛みを伴う四肢、体幹の疾患を治療するという目的に違いはありませんが、ペインクリニックのほうは「苦痛からの解放」が第一の目的ということです。
※ペインクリニック医の多くは麻酔科を経験しています。

接骨院や整骨院はなんでダメなの?

f:id:kotsujiko:20170120183930j:plain


接骨院や整骨院をメインに通院・治療した場合、あとあと後遺障害の申請をしようと思ったとき、後遺障害診断書を書けません(書いてもらえません)。
後遺障害診断書がなければ後遺障害認定は無理なので、後遺症部分の補償は一切受けることができないということになります。

これは、私が接骨院や整骨院を軽視しているということではなく、現在の賠償問題における常識はそうなっていますよという話です。

中には、「接骨院や整骨院のほうが身体がラクになる」という被害者もいると思います。たとえそうであっても、「万が一の後遺症」「妥当な示談金を支払ってもらう」という観点からせめて併用するようにしてください。(接骨院は週に3回、整形外科は週に1回など)

ただ、「妥当な示談金」を支払ってもらいたいと考えた場合、個人的には整形外科かペインクリニック1本に絞るべきだと思います。(主治医もいい気分ではないし、保険会社は、ほくそ笑む)

というのも、接骨院や整骨院が自分にとってベストであると思っても、保険会社の担当者はこう思うからです。「なあんだ、接骨院や整骨院レベルの受傷か」と。 ※もちろん、すべて保険会社担当者がこう思うわけではありませんので誤解しないでくださいね。

主治医が積極的に治療や検査をしてくれないときは転院を!

f:id:kotsujiko:20170121114246j:plain


「今、通院している病院の先生(主治医)がちゃんと検査や治療をしてくれなくて困っています、、、」と、やる気のない弁護士に相談すると、「あっ、そうですか。それでは転院してください」と簡単に言われますが、私も結果だけ言うと同じです。

転院というのは、交通事故被害者にとっては、精神的にしんどいです。私も経験者ですからよく分かります。ある日突然、交通事故に遭い、行った先の病院ではちゃんと検査や治療をしてもらえないとなったら、言ってみれば「二度目の事故」のようなものですが、しっかりした治療や検査をしてもらえないとあなたが感じたときは、スパッと見切りをつけて(面倒だけど)転院したほうがいいです。

しかも、正しい治療や検査を受けていないと後遺障害の申請など、絶望的です。たとえば、あとあと後遺障害の申請時に必要となる後遺障害診断書に書き込むべき検査をしていなかったとか。そういうことになります。 通院開始当初と後遺障害申請時(事故から180日後など)に同じ検査をするから、その違いを比較できるわけじゃないですか。それを後遺障害申請時だけ検査しても、比較対象がないわけですから、もしかしたら患者はもともとそうだったかもしれませんし、変化の度合いが分からないわけですから、それを見た人は「で?」ってなるだけですよね(苦笑) 

正しい病院のかかり方〜主治医とのコミュニケーション

f:id:kotsujiko:20170121114748j:plain


すべてを医師まかせにすることはよくありませんが、だからといってすべてを「医師がちゃんと診てくれないのが悪い!」などと思っても意味がありません。

交通事故被害者は、医師にちゃんと診てもらえるように努力しましょう。これはどういうことかというと、ヘラヘラ笑いながら「このあたりが〜、なんか痛いんすよね〜」などではなく、私なら、真剣に、そして切実に、「首の付け根あたりに違和感があり、腕を上げようと力を少しでも入れるとビリビリと電気のようなものが走り、首から肩、腕、手、指くらいまで痛い。可能性としてはいろいろ考えられると思うが、たとえばどういうケースが多いのでしょうか?」などと聞きます。

だって、少し力を入れただけで電気が走るような痛み(痺れ)が身体を駆け巡るって、冷静に考えたらものすごく怖いですよね?「えっ、なにこの痛み、、、大丈夫かな、、、ちゃんと治るんだろうか、、、もしかして一生治らなかったらどうしよう」とものすごく不安になりますね。さらには、「こんな目に遭って、補償(妥当な示談金)すらしてもらえなかったらどうしよう、、、えっ、まさか、将来の治療費は自費?!ウソだろ、おい、、、」とも思います。だから私や結果的に妥当な示談金を手にしている人たちは真剣に、そして切実に主治医に訴え、治療や検査内容を理解できるように主治医の話を聞くわけです。それが普通だと思いませんか?

逆に、そうでない人は「あぁ、多分そんなに痛くないんだろうなぁ」と思われても仕方ないかもしれません。 

治療や検査、後遺障害診断書について

f:id:kotsujiko:20170121115029j:plain


たとえば、症状として「痺れ」がある場合、トリガーポイント注射や神経ブロック注射、あるいは処方薬としてリリカなどが考えられますし、MRI検査などでは異常を発見できないので、針筋電図検査を受けてみましょうなどの検査提案など。正しい治療や検査を受ける必要があります。

では、逆に正しくない治療や検査は?というと、たとえば、検査すらしない、毎回湿布薬を出す、首の牽引よりマッサージのほうが回数が多い、診察が1、2分で終了する、主治医が「むち打ちは時間が一番の薬だから」などと発言する、などがあげられます。 

治療や検査を適切に行えない主治医が書く後遺障害診断書の内容は実にひどいものです。おそらくそんなに書いたことがないんでしょうね。「えっ、この先生、書き方知らないんじゃ...」というケースも少なくありません。医者は治療のプロであって、後遺障害実務のプロではありませんからね...

そもそも、後遺障害診断書を積極的に書いていただけるケースは多くありません。ほとんどの医師が(本心としては)「できたら書きたくない」と思っているのが正直なところではないでしょうか。

この後遺障害診断書は、後遺障害の認定調査できわめて重要な役割を果たします。他が良くてもこれがダメだと非該当になるといっても過言ではありません。ですので、患者は日頃から自分の症状を正しく伝え、正しい治療や検査をしっかりとやってもらい、その記録(主にカルテ)をもとに正しく、そして詳細な後遺障害診断書を書いてもらえるように心がけましょう。

正しい病院のかかり方まとめ

  • 整形外科かペインクリニックをメインの病院にしよう。
  • 接骨院や整骨院はやめたほうがいい。
  • 通院先の主治医が適切な治療・検査をしてくれないときは迷わず転院を!
  • 主治医には、伝えるべきことを真剣に、切実にちゃんと訴えよう。
  • 後遺障害診断書は超重要!